【「徒然日記」目次に戻る】



  水道水の安全神話が揺らいでいる。かつては、世界で最も安全な水を自負していた日本の水道水だが、ここにきて、さまざまな問題が噴出しつつある。そもそも、日本は決して水が豊かな国ではないという点を認識することが必要だ。確かに、国土面積あたりの降水量は世界的に見て多い方だが、国民一人あたりに換算すると、むしろ水の乏しい国に分類される。しかも、狭い平地の人口密度が高く、周囲の山間部に建設された貯水量の小さいダムから多くの人に水を供給しなければならないという事情がある。そうした中で、最近では、水源近くにまで都市化の波が押し寄せ、工場排水や下水道からの汚水が混入しやすくなっており、水質に関して危機的状況は募る一方である。
 もちろん、水道局も手をこまねいているわけではない。水源の水質が悪化している場合には、沈殿法を用いて不純物を除去し、多めの塩素を投入して微生物が飲み水に混入しないように万全を期してはいる。しかし、どうしても微量な不純物は混入してしまい、かび臭さなどを生じさせる。また、大量に混ぜる塩素が、化学反応を通じてトリハロメタンなどの有毒物質に変化する。こうした物質の大半は、家庭で水を飲用する際に、浄水器を用いた上で数分間煮沸すれば安全なレベルにまで低減できるが、利用者に余分な負担を課していることは事実である。また、屋上に貯水槽を設置しているビルの中には、水質管理がおざなりなところもあり、塩素が揮発して殺菌効果が薄れたり、水道管のサビや外部からのゴミが入り込んでいるケースもある。
 近年になって深刻化している問題に、塩素で死なない微生物の登場がある。最近話題となったのが、クリプトスポリジウムと呼ばれる単細胞生物で、寄生されている動物の糞便から水中に移行し、感染者に下痢や腹痛を引き起こす。塩素の混入によって他の微生物が駆逐されたため、自然界では片隅に追いやられているような微生物が、高塩素濃度環境というニッチに入り込んで急速にはびこるようになったのである。
 こうした諸々の問題が表面化しているにもかかわらず、役所の対応は鈍い。その理由として、水道を巡る縦割り行政の弊害を指摘する人は少なくない。実際、水道にかかわる省庁は不必要なほど多い。水源開発に国土庁、河川管理と下水道に建設省、浄水場と水道に厚生省、農業用水に農水省、工業用水に通産省、水の環境基準に環境庁が関わっている。今後も、アオコの毒素やダイオキシンの問題などさまざなま危機が指摘されており、早急な対応をしなければ、「安全な水」が世界で最も高価な国ということになりかねない。(7月3日)

  ヌード写真は、芸術として確固たる地位を獲得している。もちろん、ヌード写真を撮り続けている写真家の中には、単に干渉する側の(主としてエロティックな)感興に訴えるだけで、自覚的に作品を構成しようとする意図の乏しい者も少なくない。だが、少数の有能な写真家は、女性ヌードを撮影することの意義を考え抜いた上でシャッターを切っている。例えば、高木由利子は、女性の肉体が持つしなやかな強靱さを、積極的にフィルムの定着させようとしているし、服部冬樹は、独自の現像法によってダゲレオタイプを思わせるテクスチャを実現し、女性の身体から肉体性を捨象して、その志向する先を映像化することに成功している。また、荒木経惟は、現代社会で自明の前提とされる肉体各所の意味づけを否定し、例えば、顔と性器を等価値なものとして映し出している。こうした自覚的なヌード写真家の中で、私が特に高く評価しているのが、五味彬である。初期の作品に、AV女優をモデルとしたものがあるが、通常は男性に媚びを売る存在としてなまめかしくしなを作るはずの彼女を、屋外に全裸のまますっくと立たせて、こちらを睨み返すようなポーズを取らせた。これは、女性に対するある種の社会的通念を否定することによって、見る者に異様な居心地の悪さを感じさせる効果がある。この方向を発展させた写真集が“Yellows”であり、どこにでもいるような普通の女性が、あたかも身体図鑑に載せるサンプルデータでもあるかのように、全裸で直立した姿を見せている。この写真集を見るときの居心地の悪さは格別であり、それだけに、ヌードの意義を問い直す作者の意図がきわめて明快に表現されている。(7月6日)

  日経新聞のコラムに、面白い出来事が報告されていた。日本茶が大好きなアメリカ人が来日して喫茶店を訪れ、当然のごとくに日本茶を注文した。「日本茶はありません」「ホワイ?」──実際、なぜ喫茶店で日本茶を商品にしていないのか、理由を聞かれても困ってしまう。多くの食堂では(まずい)日本茶を只で出しているので、金を払って茶を飲む習慣がなくなったとでも言えば良いのだろうか。しかし、日本茶にかかる費用は、決してバカにできない。上質の煎茶は、1杯分の原価が20円ほどするので、コーヒーとさして変わりない。おいしい日本茶なら、金を取って店で出してもおかしくないはずだが、そういう発想はなかなか生まれないようだ。もっとも、街角の自動販売機には、缶コーヒーと並んで、煎茶やウーロン茶が置かれており、110円という結構な値段が付けられている。糖分が多すぎて健康に悪いコーヒーやジュースよりもと、お茶を買う人は少なくない。もしかしたら、おいしい煎茶を入れるテクニックがないので、通常の喫茶店では出せないのかもしれないし、逆に、味覚の鋭い客が少なくて、無料のまずいお茶と区別してもらえないことを懸念しているのかもしれない。(7月17日)

  1960年代、日本の歌謡界は空前絶後の高みに達していたのかもしれない。なるほど、音楽にメッセージを込めるという点では、フォークによる新しい表現法を獲得した70年代の方が、人間の根元を問う思想的な深さを増していたようにも思われるし、純粋に技法的なところで比較すると、80年代以降のテクノサウンドの方が、より複雑なコード進行を実現している。しかし、アメリカ文化の強い影響の下で、それまでの日本的な歌謡を変革しようという志は、その前後のどの時代よりも高く、それ故に、歌手も作曲家も、今では信じられないほどの努力を惜しまなかった。歌謡界の人気者は誰しも、スターらしい華やかな活動の陰で、彼らなりに新たな表現の地平を開拓すべく、歌の道に精進していたはずであり、それが、いま聴いても決して古びていないサウンドを可能にしていた。ポイチョイプロがTelePalに連載している『酒とビデオの日々』で加山雄三を称えているのを呼んだとき、ふとそんな感想が頭をよぎった。このエッセイで、著者は、ラジオの仕事で加山雄三本人と会ったときの体験を記している。「ボクは中学の頃、加山さんのロンリーナイトカミングで初めてボサノバを知りました」という話をしたら、このポップスの神様は、すかさず「オレの曲でボサノバを知るなんてずいぶんプアな音楽体験だね」と切り返したという。こうした体験をふまえて、加山雄三トリビュート・アルバムの紹介をしてから、「加山さん、あなたがどう否定されようと、ロンリーナイトカミングは、ジョアン・ジルベルトやジョビンを聞き込んだ後の今のボクにとっても、最高のボサノバの一曲です」と結んでいる。泣かせるではないか!(7月8日)

  バブル期に多くの地方自治体で建設された超豪華多目的ホールが、稼働率の低さに悩まされている。もともと文化面での知識のある職員が乏しかったところに、見栄えが良くよそに自慢できる豪華建築を造ってみただけなので、運営のことまで頭が回らないのは当然のことかもしれないが、東京国際フォーラムの1650億円を筆頭に、いずれも建設費だけで数百億円かかる金食い虫であるだけに、税金の無駄遣いと批判されるのも当然である。何に使うかを熟慮せず、何にでも使える多目的ホール仕様にしたため、クラシックを演奏すると残響が乏しいために音が痩せ、芝居を上演すると声が籠もって聞き取りにくく、楽屋や機材置き場が狭いのでオペラのような大規模公演がスムーズに行えない。結果的に何もできない「無目的ホール」に成り下がっている。自治体としては、有名人が大挙して押し寄せる国際会議にでも使用してほしいところだが、何年に1回もない。もともと文化施設は採算がとれないものだが、企画力のあるトップのいない自治体ホールは特に苦戦しており、稼働率が30%台という悲惨なところもある。空っぽのホールでも維持費はかかるため、何とか利用者を増やそうと、ようやく自治体もない知恵を絞り始めたのだが、その挙げ句に実現されるのが、シャンデリアの備えられた1500人収容大ホールでのカラオケ大会や習い事の発表会。しかし、内装が豪華ならば喜ばれるかというと、やはり違和感があって必ずしも好評ではない。だいいち、ホールが大きすぎて、通常ならば大盛況と言える500人の客を集めたとしても、客席は閑散としてしまう。そんな施設が地方債で建設され、いまだに住民が借金を背負わされているとなると、もはや笑い事ではすまされない。(8月17日)

  文化放送の午前中の番組でメインキャラクターとして登場するえのきどいちろう氏は、日常的な些末事の中に驚くほど深遠な意義を見いだす天才的な能力を持っている。例えば、ゴキブリについて取り上げたとき、氏が提起したのは、「ゴキブリは“ゴキブリ性”を失わずにどこまで巨大化できるか」という問題。ゴキブリは、飛ぶことができるにもかかわらず、地を這うように進む。しかも、その歩き方には、ある種のパターンがあり、素早く動いたかと思うと止まり、また突然動き出すといった動作を繰り返す。この動きのパターンが、“ゴキブリ性”の代表例である。さて、道を歩いていて角を曲がった所にベツン大のゴキブリがいたらどうなるか。これはもう外見がいかに本物に似ていようとも、ゴキブリではなく怪物である。目にした瞬間に「ありがとうございます」と言って殺されても悔いはない代物だ。えのきど氏いわく、「ゴキブリがゴキブリ性を保っていられる最大の大きさは、スリッパ大だ」と。扉を開けたとき、室内にスリップ大のゴキブリがいたとき、われわれは悲鳴を上げて、2度とその部屋には入るまいと思うが、それは、中にいるのが正に極限的なゴキブリであるからだ。(9月2日)

  郵政省が、来年2月からの郵便番号7桁化を画策している。郵便物を振り分ける手間を軽減し、配達の迅速化を図るというのがその謳い文句だが、どうも気に入らない。そもそも、郵便は完全独占の国営事業なので、ユーザーには選択の余地がなく、お上がやると言ったら逆らうわけにいかないところが癪に障る。何よりも不満なのが、従来の都市部3桁、地方5桁から、いきなり7桁へと番号を増やした点である。7桁とはまるで電話番号だが、こうなると何ヶ所も覚えるわけにはいかず、私などは自宅だけで精一杯だ。しかも、電話番号と違ってそれだけでは住所を特定することができず、さらに所番地まで記憶しなければならない。これまで郵便番号3桁の地域に住んでいる人間からすると、いきなり番号の拡がりが1万倍になったわけだが、なぜ、かくも大幅に増やさねばならなかったのか。配達を迅速化するためなら、各集配局ごとに番号を割り振ればよいのだから、5桁で充分のはずである。一気に7桁まで増やしたのは、当然、いくつかの配達先を番号で特定しようというもくろみがあると考えられる。現在でも、マスコミや官公庁など、郵便物が数多く届けられる住所には、5桁の郵便番号が割り振られていて、所番地がなくても郵便番号と氏名だけで配達される。おそらく、この特定郵便番号への希望が多いので、7桁化して対応しようというのだろう。これなら、機械で区分けすることも可能になり、局員の負担が軽減されると期待される。しかし、それならば、地域3桁+集配局2桁+特定2桁で区別できるはずであり、一般の利用者にまで7桁化を押しつける必要はあるまい。郵便番号が7桁になると、単に覚えるのが一苦労となるだけではなく、データベースの書き換えに大変な手間を要する。従来のアドレス帳は、郵便番号がたかだか5桁であることを前提に制作されているので、データ長を変更する必要が生じるのだ。手書きの住所録なら見た目は悪くなっても何とか対応できるが、コンピュータの場合は(データだけではなく)プログラムの変更が必要になる。2000年問題でクソ忙しいこの時期に、と郵政省を恨むソフト・エンジニアの声が聞こえてきそうだ。(9月17日)

  テレビ東京で放映中のアニメ『少女革命ウテナ』が面白い。かなり若い世代のディレクターが演出しているようだが、どこで知識を仕入れたのか、かつての寺山修司の世界が見事なまでに再現されている。1970年代、小劇場演劇は、それまでの作劇術の桎梏からいともやすやすと抜けだし、自由な想像力の飛翔のままに、深刻で明るく、エロティックで思索的、猥雑にして神聖な世界を作り上げた。その代表的な作者が、唐十郎と寺山修司だった。かれらの演劇は、反体制的なムーブメントの中で若者たちから圧倒的な支持を受け、つかこうへいや北村想らによる新たな展開を生み出していった。しかし、激しい動きととりとめのない言葉を次から次へと繰り出す夢の遊民社や第三舞台が台頭するにつれて、小劇場演劇はデモーニッシュな力を失っていく。寺山は死に、唐は沈黙した。もはや取り戻すすべもないと思われていた、あの力に満ちあふれた70年代演劇が、なんと、子供向けアニメの仮装をまとって復活してきたのである。この驚きは、少数の人だけで密やかに共有していたい。(9月28日)

【「徒然日記」目次に戻る】



©Nobuo YOSHIDA